読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんべーと呼ばれて早幾年

社会に踊らされ続けるゆとり世代から見える日常を自由気ままに書き連ねます。

【初心者必見!!】メルカリの出品方法&高く売るコツ教えます!

f:id:DoNbeh_G:20150103010147p:plain

メルカリとは

スマートフォンから手軽に出品できて物を売れる!購入できる!個人売買のアプリケーションです。

写真撮影、出品、決済、購入などスマホのみで利用することができます。

今、フリマアプリ【メルカリ】が大流行しています!簡単で、気軽に出品できるメルカリですが、出品してもなかなか売れないくて困っているという悩みをもっている方は多いと思います。そこで今回はメルカリで出品する手順と、高く売るコツを紹介していきます。 

 

メルカリの出品方法は?どうやればいいのか?

出品方法はとても簡単です!出品までの流れを説明します。 

メルカリはアプリを使ったフリマサービスです。まずはアプリをダウンロードして登録を済ませましょう。

  1. 「メルカリ」アプリをダウンロード
  2. 登録(※電話番号の認証が必要)

登録が済んだら出品しましょう。慣れてしまえば3分くらいで済みますよ。

【出品する商品の写真撮影】
  1. ホームの画面右下に“出品”のマークがあるのでタップします。
  2. カメラに移動するので、出品する商品を撮影
  3. 画像を加工します。画面下に画像加工のツールが表示されるので、必要に応じて調整してください。
  4. 右上の完了を押します。
【出品する商品の情報入力】
  1. 商品情報を入力する画面に移ります。
  2. 先程、撮影した写真を登録します。(4枚まで登録可能)
  3. 順番に従って情報を入力していきます。
  4. 情報の入力が完了したら、出品するを押して完了です。

出品する商品を登録するときに、ちょっとしたコツがあります。 

【出品時の売れるコツ!写真は明るく撮る】

写真はできるだけ明るいところで撮ったほうが印象がいいです。出品する商品を予め撮っておくのもオススメです。

昼間の明るい時間帯に撮影しておけば、後は時間が空いた時に出品登録をするだけです。

 

出品登録の流れが分かったら、次は商品を高く売るコツを勉強しましょう!

 

メルカリで商品が売れるためのコツ

まずは出品物が売れるためのコツを確認しておきましょう!

①売れるものか、必要とされるかを考える!

出品したからといってスグに売れるわけではありません。商品選定がとても重要です。出品登録に慣れてきたら、まず売れる商品かどうかを見極めましょう。 

そもそもフリマなので大体の人が身の回りの不要なものを出品しています。ですが、自分がいらいないものは人もいらない可能性がとても高いのです。

出品するときには、あなたがいらないと思っている品をお金を払ってまで買ってくれるかをよく考えなければなりません。

②ヤフオクとメルカリの違い

メルカリと近いシステムに、ヤフオク!があります。ヤフオク!を利用した人も多いと思いますので、メルカリとの特徴を比較してみましょう。

■ヤフオクとも比べると、ユーザー層、ユーザー数が違う

ヤフオク:約1600万人

メルカリ:約180万人

ヤフオク!のほう10倍近くも利用人数が多いのが現状です。ただ、メルカリはまだまだ始まったばかりのサービスです。これからユーザーが増えていく事が予想されます。

 

どんどん次に行きましょう!次は、いかに高く売るかについてです。

 

商品をメルカリで高く売る方法

①リサーチ力

バランスをとれた価格設定をするのがコツです。どんな商売でも同じですが、メルカリでも売る側と買う側の両方が丁度いいと思える値段をつけましょう。

そのために必要なのは下調べ(リサーチ)です。

 

メルカリで効果的なリサーチは2つあります。

①市場価格のリサーチ

②同じ商品の価格のリサーチ

 

リサーチ① 市場価格を調べる 

市場価格のリサーチは、あなたが買い物をするときと同じです。

「価格.com」「楽天市場」「Yahooショッピング」などを利用して、どこで一番安く買えるのか、どれくらい高値がついているのか値段の幅を調べましょう。

この時に注目してほしいのは“値段の幅”です。ただ単に安値を知るというよりも、最安値、最高値、平均的な値段を意識して調べてください。

 

リサーチ② メルカリ内の同じ商品と比較する

メルカリでは、「詳細検索」という機能があります。この機能を使うと過去に出品された商品の情報を知ることができます。

「売り切れ」の項目を選択して、すでに売れた商品の情報を見てみましょう。

そこでは、売値だけでなく、「いいね」の数、写真、コメントの様子、売れるまでの経緯などの情報を見ることができます。「いいね」が集まっている商品を元にして、出品するときの写真の撮り方や商品紹介入力の参考にするのもいいでしょう。

 

メルカリで販売するときのちょっとした4つのテクニック

商品を販売するときに工夫できるのは、【商品名】【写真】【商品紹介文】【コメントの対応】の4つがあります。

テクニック1:商品名を工夫する!

パッと見で、さらに詳しく見てみたいと思うような商品名を付けましょう。

よくあるのは「商品名をそのまま書き写した」商品名です。

ここでは商品の特徴もあわせて書いておきましょう。例えば、「美品」「今ならお買い得」「お値下げ可能です」などが一言あるだけで、同じ商品との差別化になります。

テクニック2:写真で好印象!

写真には撮り方によって印象が変わります。商品の良さを引き出すこともあれば、イメージを悪くしてしまうこともあります。

写真は商品名と同じくらい重要です!

良い商品写真を取る方法
①明るめに撮る

暗い写真はどうしても印象も暗くなりがちです。日中明るい時間帯に撮っておくのがおすすめです。その際に、直射日光よりも間接的な明かりか天気なら曇りくらいの明るさがおすすめです。

②背景を工夫する

プロのような背景は要りません。 メルカリに出品している人は写真も素人の方がほとんどなので、あまりコダワリすぎると逆に不自然です。家で自然に撮った雰囲気を出しましょう。 

テクニック3:商品紹介文でもうひと押し!

売れる文章には、ある一定のルールがあります。購入を決める際の重要な判断材料となりますので、気を抜かずに書きましょう。

①HOW TO形式で書く

この商品を買ったら、何ができるようになるかをアピールしましょう。例えば、ipadを売るのであれば、「このipadで自由に情報を調べることができます」よりも、「たった25000円で世界中の情報があなたの手に!」と書いたほうが、買ったあとをイメージできます。

②「4U」の要素を入れる

4Uとは、「お急ぎください!」「ユニーク」「超・具体的」「有益」の英単語の頭文字です。

  • 「お急ぎください」とは、「今だけ」などの用語のことで、読み手に、今買ったほうがいいのだという感情を想起させます。
  • 「ユニーク」とは他の誰でもなく、あなたの商品をなぜ買ったほうがいい理由です。差別化をするということです。
  • ちょっとした特典をつけるだけでも、売れ行きは大きく変わってきますよ。
  • 「超・具体的」とは、具体的にイメージできる事柄を短い文章で表現するということです。核心を突くフレーズを具体的に書くようにしてください。
  • 「有益」とは、この商品を手に入れたあとに起きるいいことです。購入したあとがイメージ出来るように書きましょう。

人は利益を質よりも量で判断する習性があります。なので、なるべく商品に対するメリットをあげてることで、売れる確率が上がります。

テクニック4:コメントの対応

買う時に意外とチェックされているのがコメント対応です。ネット上だけの取引だとしても、人と人とのやり取りであることに違いはありません。

面倒だからといってコメントに返信しなかったり、梱包も適当だったりすると取引相手だけでなく、その後の印象にも関わってきます。基本的なことですが、出来ていて当然のことをやらないと、評価は下がっていきます。

 

いかがでしたか?

メルカリでの出品方法と高く売るためのコツをまとめてみました。

メルカリは手軽で、簡単に売り買いが出来る新しいマーケットです。

ドンドン使って、楽しく個人売買しちゃいましょう!

使い方とコツが理解できれば、簡単に早く個人売買を行えるようになります!

 

 

他にもメルカリに関する記事を書いていますので、興味があればどうぞ!

 

blog.donbe.me

 

メルカリ/初心者/出品方法/使い方/テクニック/高く売る/コツ