読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんべーと呼ばれて早幾年

社会に踊らされ続けるゆとり世代から見える日常を自由気ままに書き連ねます。

【類似サービス徹底比較】「ココナラ」と「Abift」を比較してみた結果・・・最悪の結末が待っていた。

WEBサービス WEBサービス-比較

f:id:DoNbeh_G:20141231175305j:plain

ワンコインマーケット*1市場において、いま「ココナラ」と「Abift」という2つの激似サービスが存在することをご存知でしょうか?

WEB上のサービスで似ているサービスがいくつも存在しているのは世の常ですが、ここまで狭い条件で類似しているものを見たのは久しぶりだったので、今回はその2つのサービスを徹底的に比較していこうと思います。

 

ちなみに「Abift」を見つけたのは、この記事用に画像を探していたときでした。

より多くの人に知ってもらいたい!あなたの得意でハッピーがひろがる ワンコインマーケット「ココナラ」 - どんべえとめがね

 

またどちらのサービスも1年半〜2年程前に立ち上げられたもので

当時の状態は今よりも一致する点が多かったようで記事にしている方がいらっしゃいました。

記事によると1年半前の当時は今よりもさらに類似している状態だったようです...。

詳細はコチラです↓


500円でできることを売買できるWebサービス「Abift」が「ココナラ」と似すぎな件 | Select *

 

それでは比較を始めていきましょう。

なるべく似ているという点だけではなく、どちらを使ったほうがいいの?という疑問に回答できるように説明していこうと思います。

 

比較ポイント①:サービスコンセプト・キャッチコピー

f:id:DoNbeh_G:20141231032036p:plain

f:id:DoNbeh_G:20141231032051p:plain

どちらが寄せている・似せているのかは全くわかりませんが、完全に被ってます。

「得意でハッピー」と「できること」というフレーズ以外、全て共通です。

ちなみにサービスリリース時期*2

  • ココナラ:2012年7月サービス提供開始
  • Abift:2012年12月サービス提供開始

となっているようです。 

 

比較ポイント②:出品数

ココナラ:13262

Abift:250 

商品数という点においてはココナラが圧倒的に多く、それだけ競争率も高いように思います。

 

・・・もしかして、Abiftの場合は出品に対して厳格な審査が行われていて、それで商品数が少ないのか?!と思い、試しに出品をしてみようと思ったところ。。

 

 

 

出品できないやないかボケ!!

 

 

 

そう。。出品できないのです。

 

厳密にいうと、出品をする前にメールアドレスの入力を求められ、その後入力したメールアドレス宛てに自動返信メールが届くようなのですが、、届かない・・・。

 

画面はこんな感じです。

メールアドレス入力画面↓

f:id:DoNbeh_G:20141231171748p:plain

入力後↓

f:id:DoNbeh_G:20141231171808p:plain

 

 

・・・。

 

なにこの茶番・・・。

ここまでの記事の意味・・・なし!

 

念のため、メールアドレスによるチェックをキャリア×2、PC×2で実施したのですが、どれにも自動返信メールが届いていなかったので、おそらく運用自体が止まっているのでしょう?

 

そして、もう1点気付いた点が・・・

商品の購入ボタンを押すと同じページにリダイレクトされる。

これは完全に黒ですね。

 

ちょっとムカついたので公式アカウントを調べてみた。

twitter(@abift_info

facebook(Abift

twitterのツイートは2014/5/19を最後に、

facebookの投稿は2013/3/7を最後に更新が途絶えていた・・・。

 

サイト内のコメントにこんなことも書いてありました。

f:id:DoNbeh_G:20141231175937p:plain

 

もうこのパターンは最悪です・・・。

リサーチをしながら記事を書いていた自分を恥じています。反省しています。

 

とはいえ、運営側にはユーザーのためにもサービスが継続しているのかどうかを分かる形で伝えていただきたいものですね。。

 

・・・しっかりと比較していくはずがこんな展開で申し訳ありません。

とりあえず、結論を最後に上げておくと

絶対ココナラを使ってほしい!

ありがとうございました。

*1:どんなスキルでも500円で出品できるサービス、モノではなく得意を出品するサイト

*2:facebook公式ページ調べ