読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんべーと呼ばれて早幾年

社会に踊らされ続けるゆとり世代から見える日常を自由気ままに書き連ねます。

【はてなブロガー必読!!】はてブでヒートマップが特徴的な「Ptengine」が公開された!弱小ブログに導入してみる②

WEBサービス WEBサービス-ツール

f:id:DoNbeh_G:20141227105649p:plain

ここからは実際に"会員登録〜ブログへのPtengineの導入"のフローについて説明していこうと思います。

 

まだ第一回をご覧になっていない方はコチラから⇒


【はてなブロガー必読!!】はてブでヒートマップが特徴的な「Ptengine」が公開された!弱小ブログに導入してみる① - どんべえとめがね

 

Ptengine はてなブログ専用プランの会員登録方法

<会員登録>

まずははてなブログユーザー専用プラン|Ptengineから仮会員登録を行ってください。

登録フォームはページ最下部にあります。

f:id:DoNbeh_G:20141227131839p:plain

 

会員登録後、入力したメールアドレス宛てに本会員登録に関するメールが届きます。

f:id:DoNbeh_G:20141227132708p:plain

 

メール本文のURLからメール認証を完了させてください。

f:id:DoNbeh_G:20141227133205p:plain

 

<プロファイル作成>

こちら▶Ptengineよりログインを行うとプロファイル作成画面に遷移します。

指定された情報を入力し、プロファイル作成を完了させてください。

 

プロファイルとは解析を行いたいサイト、もしくはサイトのグループです。

Ptengineでは1つのプロファイルに複数ドメインのサイトを登録してより広い範囲の解析を簡単に行うことができます。また、各プロファイルごとにアクセスできるユーザーや管理できるユーザーを設定することができます。

f:id:DoNbeh_G:20141227134120p:plain

f:id:DoNbeh_G:20141227134340j:plain

 

解析コードが発行されますので、コードをコピーしてください。

f:id:DoNbeh_G:20141227134511j:plain

 

これで解析ページにアクセスできるようになります。

メール認証はプロファイル作成の後でも問題ありません。

 

解析ページへはこちら▶Ptengineのリンクからログイン可能です。

 

Ptengine はてなブログへの導入方法

解析を行いたい箇所のbody要素(<body>〜</body>)の中に先程の解析コードを設置してください。

基本的にはbody要素の中であれば、場所は問わないのでどこに設置しても構わないのです。

僕の場合ははてなブログのダッシュボード>デザイン>カスタマイズ>記事の記事上・記事下にタグを設置しました。

f:id:DoNbeh_G:20141227141722p:plain

 

これで解析の準備が完了しました。

しばらくすれば解析ページに情報が載ってくるので確認してみてください。

 

 

次回はPtengine導入後に得られた結果についてレポートしてみる予定です。

 

【15日後更新】

導入後のレポート記事です。主にダッシュボードで使える機能について解説しています⇒


【はてなブロガー必読!!】はてブでヒートマップが特徴的な「Ptengine」が公開された!弱小ブログに導入してみる③ - どんべえとめがね